人身事故か物損事故の判断

現代は車社会と呼ばれるくらい車が一般家庭に当たり前のようにありますが、そんな車社会になって相応するように増えた事として事故があります。
車同士の事故でも追突事故が多く、追突事故の中でも長い渋滞の列の中で起こした経験のある方が多くなっています。
現代の車社会だからこそ起こる事故なのですが、大事なのは事故を起こした時の対応になります。


車の追突事故であっても、人が乗っていれば人身事故に繋がりますし、車に乗っている人に何も怪我がなければ物損事故になるので、事故を起こした際は、まず車に乗っている人に怪我がないかの確認が必要になります。
事故の際優先確認事項は怪我をしている人がいないかの確認と怪我をしている人がいれば適切な応急処置の上で救急車を呼ぶなどの適切で迅速な対応が求められます。
追突事故で最も多い人身事故は首の痛みで、座席に座っている状態で、嘘路から追突されると後ろから押されたような感覚の衝撃を受けるので、その反動が一番首にきます。


シートベルトをしていても、フロントガラスやハンドル等に体を打ち付けるという状況を回避できるだけで、必ず怪我をしないという保証はなく、必ず事故を起こしたら相手の怪我の確認が必要です。
人身事故か物損事故の判断ですが、それはこの後のページで詳しく説明します。
事故を起こしたら、相手の怪我の確認をして、それから人身事故や物損事故かを警察の方を交えて話し合う事で、トラブルを防止する事が出来ます。


▼特集
交通事故を起こした時、または起こされたときの対応を相談出来る弁護士事務所のサイトです・・・交通事故